オフィスCEOのblog

このブログではオフィスにまつわるお役立ち情報やお引越しの事例など様々な情報を配信していきます。

オフィスCEOでは東海を中心に、
オフィスのお引越しや改装、レイアウト変更や什器販売から
事務所探しまで様々な業務を承っております。

「移転したい」「事務所を新規で構えたい」
「人員が増えて事務所のスペースやデスクが足りない」など
お困りごとがございましたら是非ご相談ください。

http://www.office-ceo.com/

2015年02月

こんにちは!
オフィスCEO 佐藤です 

今回はオフィスチェアのキャスターについてお話したいと思います。

まずはこちら↓をご覧ください。

 DSCF0073

写真のように、キャスターの付いたチェアは事務所でも会議室でも 
幅広く使われているかと思いますが、

実はこのキャスターにも種類がございます!

カタログやインターネット等でチェアの製品情報などを見ていただくと
材質の「脚」や「キャスター」の部分に
「ナイロンキャスター」 「ウレタンキャスター」という文字があるかと思います。
今回はこちらの主な違いをご説明いたします!



ナイロンキャスター
 比較的硬めの素材で出来ているため、カーペットなどの軟らかい床素材と相性が良いです。
 軟らかい床面でのスムーズな移動が期待できます。
 一般的に市場ではこちらのナイロン仕様が多くみられます。


ウレタンキャスター
 ゴムのような弾力を持つ素材で出来ているため、
 Pタイルやフローリングなどの固い床素材と相性が良いです。
 傷付きやすい床での傷を軽減したり、滑りやすい床面で横滑りを防止する効果も期待できます。


このように、キャスターの素材1つでも相性や向き、不向きがございます。
床の素材に合わせてキャスターも選んでみるとより使いやすくなるかもしれませんね!
 

 もちろん、オフィスチェアやその他オフィス家具についての
ご相談やご購入もオフィスCEOにお任せください!


名古屋、東海エリアでワンランク上のオフィスレイアウト、
移転サポート、施工なら、Office-CEOにお任せください。



それでは、最後までお付き合いくださりありがとうございました!


オフィスCEO 佐藤 

こんにちは!

オフィスCEOの佐藤です 

最近はだんだん気温が上がり過ごしやすくなってきましたね!
陽気な気候は心なしか穏やかな気分にしてくれます。

さて、実はテーブルによって
様々な心理的影響があるのをご存知でしょうか?

オフィスによくある会議テーブルでも
円形や長方形、楕円形など様々な形がございます。
今回はその形によって人間の心理にどのような影響をあたえるのかお話いたします。


円形
 お互いの顔を近くに見ながら会話ができますので、
 コミュニケーションがとり易く穏やかな雰囲気を演出してくれます。
 相手の意見を聞きだしたい場合や、対等な立場で話し合いをしたい時などに有効です。
 「リラクゼーションスペース」「来客スペース」「プロジェクトチーム内での打ち合わせ」の場にお勧めです。

長方形
 角型は人の心にフォーマルな印象を与えます。
 また、長方形のテーブルは座る位置によって序列も付きやすく、スムーズな会議の進行に有効です。
 「プレゼンテーション」「営業会議」など発表報告の場にお勧めです。
 
楕円形 
 楕円形は円形の穏やかさと、長方形のもつ距離間を併せ持っています。
 相手との距離も近すぎず、適度にリラックスした雰囲気で話しやすいため
 「企画会議」などアイディアを出し合う場にお勧めです。



テーブル一つで相手からの印象が大きく変わるというのは心理学でも検証されているようです。
そのため、会議テーブル1つでも様々な大きさや形があるんですね!


もちろん、
会議テーブルやその他オフィス家具についての
ご相談やご購入もオフィスCEOにお任せください!


名古屋、東海エリアでワンランク上のオフィスレイアウト、
移転サポート、施工なら、Office-CEOにお任せください。



それでは、最後までお付き合いくださりありがとうございました!


オフィスCEO 佐藤 
 
 
 

こんにちは!

オフィスCEO 佐藤です 

今回は執務室のスペース配分についてお話いたします。

皆さん、1名分のデスク回りに必要な面積をご存知でしょうか?

一般的なデスクのサイズが
幅1000~1400mm、奥行き600~800mm
ですので人の動く範囲を考えると

およそ幅1500mmx奥行き1200mm一人分のデスクスペースの目安とされています。

つまり 一人当たりに必要なデスクスペース
約1.8㎡ になります。


職種などによって大小しますが、
増員時などデスクが増えるときには目安にもなりますね!


また、上記は最低限のデスク周りのみの面積となりますので
ここに書庫や 通路、ミーティングスペースなど様々なものの面積が追加されていきます。 

 


移転や増員等によるのレイアウト見直しや、
無料ご相談もオフィスCEOにお任せください!


名古屋、東海エリアでワンランク上のオフィスレイアウト、
移転サポート、施工なら、Office-CEOにお任せください。



それでは、最後までお付き合いくださりありがとうございました!


オフィスCEO 佐藤 
 
 
 

こんにちは!

オフィスCEO 佐藤です


今回はOAフロアについてご説明いたします!


複合機やプリンタ、パソコンなど事務所の電気製品が増えて便利になる一方で 
増え続ける配線関係が足元を邪魔したり、
コードが絡まって断線したりする問題も生じます。

そんな問題を解決するのがOAフロアです!


OAフロアとは?
 
既存の床の上に2重構造で床を設置し、2層の床の間に配線を通すことです。


無題


上記の写真のように、底上用の床は配線を通せるような空間が設けてあります。

床下に通してしまえば配線が絡まる心配もなく、
コンセントなどの取り回しを気にせず自由に什器の配置を考えることが出来ます!
勿論、設置した床の上にも通常通りにタイルカーペットなどをご利用いただけます。

 


オフィスCEOではOAフロア化のご相談から施工まで承っております!


 名古屋、東海エリアでワンランク上のオフィスレイアウト、
移転サポート、施工なら、Office-CEOにお任せください。



それでは、最後までお付き合いくださりありがとうございました!


オフィスCEO 佐藤 
 
 
 

↑このページのトップヘ