オフィスCEOのblog

このブログではオフィスにまつわるお役立ち情報やお引越しの事例など様々な情報を配信していきます。

オフィスCEOでは東海を中心に、
オフィスのお引越しや改装、レイアウト変更や什器販売から
事務所探しまで様々な業務を承っております。

「移転したい」「事務所を新規で構えたい」
「人員が増えて事務所のスペースやデスクが足りない」など
お困りごとがございましたら是非ご相談ください。

http://www.office-ceo.com/

タグ:チェア

こんにちは!オフィスCEO営業担当の伊藤です

通勤中、車の外をふと見たら上着を着ている人が増えたな~と感じました。
冷えてきましたね

本日は
株式会社ケーメックス 様
http://office-ceo.com/works/details_21.html
の椅子について
1_1
こちらにモールドウレタン素材の椅子を入れさせて頂きました
2
モールドウレタンとは作りたい形の型どりをして、その中にウレタン液を注入して発砲させるものです。
普通のウレタンよりも高密度でキメが細かいので、クッション性がありながら固めで沈まず体にフィットしますまた、耐久性にも富んでいるので型崩れもしにくく、反発性も低下しにくいです
型からフォルムを作るのでデザイン性の高いものが作れます
3

みんなが集まるミーティングスペースなどに、元気のでるデザインや、座った時に落ち着ける椅子があるのもいいですね~

名古屋、東海エリアでワンランク上のオフィスレイアウト、
移転サポート、施工なら、Office-CEOにお任せください。

それでは最後までお付き合いいただきありがとうございました!

こんにちは!
オフィスCEO 設計担当の山本です


オフィスCEOは、オフィスの移転レイアウト変更など、
物件探しからお引越し原状回復工事までワンストップでお手伝いいたします。


約2年ぶりのブログ更新となってしまいましたが…


今回は、愛知の方なら一度は訪れたことがある!?
【博物館明治村】を少しだけご紹介します。


IMG_8391


アメリカの建築家フランク・ロイド・ライトにより設計された、
帝国ホテルの中央玄関部分です。


これを見に県外から訪れる方も多いのではないでしょうか。
大谷石に施された特徴的な幾何学模様がとても印象的でした。


また、独特の黄色いレンガを作るために、常滑に帝国ホテル専用の
レンガ工場を作り、そこの技術顧問を務めた伊奈親子が、伊奈製陶、
後の(株)INAX(現(株)LIXIL)を創業されたそうです!


ゆかりのある愛知に移築されたというところも感慨深いですね~。



オフィスCEOでは、オフィス移転やレイアウト変更に関する
ご相談をお待ちしています!



それでは、最後までお付き合いくださりありがとうございました!

オフィスCEO 山本


こんにちは!
オフィスCEO 佐藤です 

今日はオフィスチェアの肘掛についてお話致します。

「肘掛」というと別段、無くてもいいというイメージを持つ方が多いそうです。
しかし、長時間のデスクワークをされるかたにありがちな
肩こりも、肘掛があることによって緩和されます。

パソコンでの業務が多い方はキーボードを打つときに
肘が浮いている状態だとより肩に負荷がかかりやすくなります。
人間の腕は意外と重く、一本で3kg前後の重さがあるため
肩こりになるのもうなずけますね。


肘掛つきのチェアーは立つ時、座る時などに
邪魔になることもありますが、
下の写真のように可動式のものや、不必要時に持ち上がるものもございます。

無題


肩こりで悩んでいるかたにはオススメですね!



もちろん、オフィスチェアについてのご相談やご購入もフィスCEOにお任せください!


名古屋、東海エリアでワンランク上のオフィスレイアウト、
移転サポート、施工なら、Office-CEOにお任せください。



それでは、最後までお付き合いくださりありがとうございました!


オフィスCEO 佐藤 

こんにちは!
オフィスCEO 佐藤です 
 
以前、最適なイスの高さについてお話いたしましたが、
今日はオフィスチェアの正しい座りかたについてお話いたします。

1日のほとんどを事務所で過ごされるかたには、
腰痛肩こりなどさまざまな悩みを抱えているかたも多いかと思います。
猫背などの不安定な姿勢は骨や筋肉に負担をかけたり、 
内臓を圧迫するため出来る限り避けていきたいですね。

逆に考えると、 デスクワークのかたは正しい座り方をマスターすれば
1日の大半の時間を負担の少ない姿勢で過ごす事が出来るのではないでしょうか?

まずは、こちらをご覧ください!

猫背
こちらは典型的な猫背の姿勢です。
実は私もこのタイプでした。
内臓が圧迫され、背骨にも大きな負担がかかります。


次にこちらをご覧ください!

浮き猫背

一見するとそんなに悪い姿勢には見えないかもしれませんが、
この状態も人間の骨格にそっているとはいえません。
背中も背もたれから離れているため支えがなく
腰に負担がかかってしまいます。

最後にこちらをご覧ください!

正しい座り方
こちらが付加の少ない正しい姿勢です。
人間の背骨は立っている時など、
自然な状態ではS字を描いています。

↓のように背もたれの中間が内側に反っているものも多いかと思います。

OC-102_Lime&AH-400hanger_front
 
この反っている部分がうまく背骨のSラインを支える形に
なることが理想的ということですね! 

骨格にもさまざまなタイプがありますので、
姿勢とともに自分の体に合ったチェア選びや、高さの調整も重要です。



もちろん、オフィスチェアについてのご相談やご購入もフィスCEOにお任せください!


名古屋、東海エリアでワンランク上のオフィスレイアウト、
移転サポート、施工なら、Office-CEOにお任せください。



それでは、最後までお付き合いくださりありがとうございました!


オフィスCEO 佐藤 

こんにちは!
オフィスCEO 佐藤です 


今回はチェアーのお手入れについてお話いたします!

実はチェアーの種類によって
最適なお手入れの方法は異なります。


布地

OC-102_Lime&AH-400hanger_front



布地の製品は織り目にホコリを吸いやすいので、
ハタキや毛足の柔らかいブラシなどで払う必要があります。

隙間に入った小さなゴミは、電気掃除機で優しく吸い取り、
汚れやシミは、水・中性洗剤・ベンジンなどを柔らかい布にしみこませて、
たたくように落とします。(こすると汚れが広がるため)


本革

 YL-121

ホコリやチリなどは柔らかい布軽くカラ拭きしてください。
水気を嫌うため、水拭きやベンジンやアルコール類の使用は禁物です。

汚れが目立つ場合は、
薄めた中性洗剤柔らかい布にしみこませて拭き取ります。
その後、水で湿らせた布で洗剤をよく拭き取り、
風通しのよい日陰で自然乾燥をさせます。

※直射日光や、暖房機の熱風などの高熱に弱いため、
 設置場所にも注意が必要です。


合成皮革

PLC-02(BE)
 
ホコリやチリは乾いた柔らかい布カラ拭きをします。
汚れが目立つ場合は、硬く絞った雑巾などで拭き取るか、
薄めた中性洗剤で拭き取り、洗剤が残らないように水拭きした後
乾いた柔らかい布で乾拭きをします。

ベンジンやアルコール、シンナー系の溶剤は変色の恐れがあるため
漂白剤や消毒剤の使用は禁物です。
 
※合皮は経年変化での変色や硬化が顕著なため、普段からお手入れが必要です。


このように、チェアの種類によって最適なお手入れをしていくと、
同じ製品でも永く快適に使う事ができます!

また、上記の方法や普段のお手入れで取れない汚れや、
破損がみられる場合はシートの張替えやリペアで解決することも出来ます! 

( 参考記事:オフィスのシミ・汚れを解決するには?



もちろん、チェアや壁、カーペットなど落ちない汚れでお困りの際は、
クリーニングや買い替えなどのご相談も
オフィスCEOにお任せください↓↓↓↓

名古屋、東海エリアでワンランク上のオフィスレイアウト、
移転サポート、施工なら、Office-CEOにお任せください。



最後までお付き合いくださりありがとうございました!



オフィスCEO 佐藤 

↑このページのトップヘ