オフィスCEOのblog

このブログではオフィスにまつわるお役立ち情報やお引越しの事例など様々な情報を配信していきます。

オフィスCEOでは東海を中心に、
オフィスのお引越しや改装、レイアウト変更や什器販売から
事務所探しまで様々な業務を承っております。

「移転したい」「事務所を新規で構えたい」
「人員が増えて事務所のスペースやデスクが足りない」など
お困りごとがございましたら是非ご相談ください。

http://www.office-ceo.com/

タグ:デスク

オフィスCEOは、オフィスの移転レイアウト変更など、
物件探しからお引越し原状回復工事までワンストップでお手伝いいたします。



本日は前回御話させていただきました壁紙について

の続きとなります。 前回のブログを見てない方は

 

2018年1月15日の記事を見て頂けたら幸いです。

 

前回量産型のデザインの種類についてまで

御話させて頂きましたので、今回は汎用性が

一番ある1000番台といわれる壁紙について

御話させていただきます。

 

量産型の壁紙と大きな違いはデザイン

の種類が段違いです。

 

前回量産型の壁紙についてご紹介させて頂いた

時は4種類と紹介させて頂きましたが、今回の

壁紙は、単純なデザインの違い+用途別のデザインを

合わせると十数種類のデザインとなります。

 

すべて紹介したいのですが、量が多いのでその中で

一部を紹介させていただきます。

 

織物調  ↓

 1000_織物調

石目調  ↓

 1000_石目調

和調   ↓

 1000_和調

タイル調 ↓

 1000_タイル調

木目調  ↓

 
1000_木目調

イラストアート ↓

1000_イラストアート

今回は1000番台と呼ばれる一番汎用性が高い壁紙についてご紹介させて

頂きました。

 

同じ織物調や石目調でも量産型の場合は無地が多く色がついたデザインは

あまりありませんが、こちらの壁紙は種類が豊富なので好みにあった

デザインを選ぶことが可能です。

 

一番安価な壁紙と比べると少し価格は上がりますが、デザイン性を重視

されるのであれば此方の壁紙をお勧めいたします。

 

まだまだ色々な壁紙がありますが今回はこの辺りで

終了とさせていただきます。

 

2回にわたって御話させて頂きました壁紙についてですが

いかかでしたでしょうか、少しは壁紙を選択する際に

お役にたてれば幸いです。

 

もちろん弊社に御問い合わせ頂ければ御客様が

御満足いただける様なご提案をさせて頂きます。


オフィスCEOは、オフィスの移転・改装に関するご相談を
お待ちしています!

それでは、最後までお付き合いくださりありがとうございました!

 

オフィスCEOでは什器・内装などトータルで

ご提案させて頂いております。
御気軽に御電話ください

 

オフィスCEO 與語

こんにちは!オフィスCEO営業担当の伊藤です。

台風の影響はなかったでしょうか?
私の家の近辺は避難勧告が出て、なかなか眠れませんでした
日頃からある程度の備えはしていますがやはり心配になりますね
皆様に影響がなかった事を願います。

本日は施工事例には載っていませんが、足元スッキリ施工例について書きたいと思います

1
こういったPC関係の機器ってどうされていますか?
ケーブル類のあるものはごちゃごちゃしやすいので悩みますよね

こちらの施工では既存デスクをうちの技術が加工しました
3

デスクの下奥をくり抜いて、ケーブルを通すスペースを作り
4
棚を作成して置きます。
机下のデッドスペースに棚を設置する事で、物を置いても安定感もあるし、足元スッキリ、お掃除も楽ちんになります
今あるものを活かしながら、限られたスペースの有効利用もワクワクします

オフィスでのちょっとした疑問などもお気軽にご相談下さいね

名古屋、東海エリアでワンランク上のオフィスレイアウト、
移転サポート、施工なら、Office-CEOにお任せください。


それでは最後までお付き合いいただきありがとうございました

こんにちは!オフィスCEO営業担当の伊藤です。
雨が続きますね
今朝はオフィス全面改修の現調におじゃまさせて頂きましたが、薄着をしていたら外での調査は寒かったですいつの間にかすっかり秋めいてきましたね。
そろそろヒー○テックが必要な時期がやってきました

さて、本日は
株式会社ケーメックス 様
http://office-ceo.com/works/details_21.html
のオーバーヘッドキャビネットです。
1

ご依頼をいただくお客様によってはスペースが限られている方もいらっしゃいます。
そんな時にオーバーヘッドキャビネットは各席の上部にキャビネットを設ける事で足元をすっきりさせる事ができます

2
メーカーにもよりますが

3
棚をオープンにしたり、ディスプレイを取り付けたりする事もできます
オフィスの環境により状況は変わりますので、お客様の環境に合わせたご提案をさせていただきます。
オフィスがすっきりしなくて困っているなどありましたら、お気軽にご相談くださいね

こんにちは!

オフィスCEO 佐藤です 

今回はオフィス什器のアジャスターについてご説明致します!

オフィスデスクや書庫などをカタログなどを見ていると
「アジャスター付」 という文字を目にすることがよくあるかと思います。

まずは写真からご覧ください↓

ODS_AJS_700

デスクの脚部分などの四隅にネジで取り付けてあるこの部品、
皆さんもよくご覧になるかと思います。

こちらがアジャスターです。
機能としましては、床に設置する際に什器を水平に保つため、
それぞれのアジャスターをちょうど水平になる高さにネジで調整して使用します。

床置きの什器には必須の機能ですね!
 


オフィスCEOではオフィスのテーブルや書庫、
その他什器の販売やご相談も承っております!


 名古屋、東海エリアでワンランク上のオフィスレイアウト、
移転サポート、施工なら、Office-CEOにお任せください。



それでは、最後までお付き合いくださりありがとうございました!


オフィスCEO 佐藤 
 
 
 

こんにちは!

オフィスCEO 佐藤です


前回はチェアの最適な高さについてお話しましたが、

今回はオフィスデスク最適な高さについてお話しいたします!


チェアと同じように机にも人間工学に基づく最適な高さがあります。

その最適な高さを割り出す計算式がこちらになります!


身長×0.25-1+身長×0.183-1


下線部に自分の身長を当てはめて計算したところ、
私の場合は身長が164cmですので69cm程度が適切な机の高さになります。

自分の使用しているデスクを計ると70cmでしたので、
これで大体適切な机とチェアの高さが確保できたことになります。

しかし、前回も少し触れましたが身長の高い方々は
デスクが少し低いと感じることも多いのではないかと思います。

それもその筈、かつてから親しまれてきた日本のオフィスデスクの高さは長年
700mm(70cm)とされてきました。
しかし、身長が170cmを超えるかた
最適な机の高さは720mm(72cm)程度となるため、
現代の日本人の体系では少し低いと感じられる方も増えてきているのが原状です。

そこで、 近年では高さ720mmのオフィスデスクも登場し
2011年ごろより
JOIFA(日本オフィス家具協会) にも推奨されています。

もちろん、今まで通り700mmのデスクも変わらず生産されていますので
それぞれのオフィスに合わせて選ぶことが出来ます!

とは言っても1つのオフィスで様々な高さの机が並んでしまっては
ガタガタして見栄えが悪くなってしまうので注意が必要ですね!



 
 もちろん、デスクの購入や高さについてのご相談もオフィスCEOにお任せください!



 ******************************
*                                       *
*   ご相談はこちらから!   *
*                                       *
******************************


最後までお付き合いくださりありがとうございました!


オフィスCEO 佐藤 

↑このページのトップヘ