オフィスCEOのblog

このブログではオフィスにまつわるお役立ち情報やお引越しの事例など様々な情報を配信していきます。

オフィスCEOでは東海を中心に、
オフィスのお引越しや改装、レイアウト変更や什器販売から
事務所探しまで様々な業務を承っております。

「移転したい」「事務所を新規で構えたい」
「人員が増えて事務所のスペースやデスクが足りない」など
お困りごとがございましたら是非ご相談ください。

http://www.office-ceo.com/

タグ:修理

こんにちは!
オフィスCEO 佐藤です 


今回はチェアーのお手入れについてお話いたします!

実はチェアーの種類によって
最適なお手入れの方法は異なります。


布地

OC-102_Lime&AH-400hanger_front



布地の製品は織り目にホコリを吸いやすいので、
ハタキや毛足の柔らかいブラシなどで払う必要があります。

隙間に入った小さなゴミは、電気掃除機で優しく吸い取り、
汚れやシミは、水・中性洗剤・ベンジンなどを柔らかい布にしみこませて、
たたくように落とします。(こすると汚れが広がるため)


本革

 YL-121

ホコリやチリなどは柔らかい布軽くカラ拭きしてください。
水気を嫌うため、水拭きやベンジンやアルコール類の使用は禁物です。

汚れが目立つ場合は、
薄めた中性洗剤柔らかい布にしみこませて拭き取ります。
その後、水で湿らせた布で洗剤をよく拭き取り、
風通しのよい日陰で自然乾燥をさせます。

※直射日光や、暖房機の熱風などの高熱に弱いため、
 設置場所にも注意が必要です。


合成皮革

PLC-02(BE)
 
ホコリやチリは乾いた柔らかい布カラ拭きをします。
汚れが目立つ場合は、硬く絞った雑巾などで拭き取るか、
薄めた中性洗剤で拭き取り、洗剤が残らないように水拭きした後
乾いた柔らかい布で乾拭きをします。

ベンジンやアルコール、シンナー系の溶剤は変色の恐れがあるため
漂白剤や消毒剤の使用は禁物です。
 
※合皮は経年変化での変色や硬化が顕著なため、普段からお手入れが必要です。


このように、チェアの種類によって最適なお手入れをしていくと、
同じ製品でも永く快適に使う事ができます!

また、上記の方法や普段のお手入れで取れない汚れや、
破損がみられる場合はシートの張替えやリペアで解決することも出来ます! 

( 参考記事:オフィスのシミ・汚れを解決するには?



もちろん、チェアや壁、カーペットなど落ちない汚れでお困りの際は、
クリーニングや買い替えなどのご相談も
オフィスCEOにお任せください↓↓↓↓

名古屋、東海エリアでワンランク上のオフィスレイアウト、
移転サポート、施工なら、Office-CEOにお任せください。



最後までお付き合いくださりありがとうございました!



オフィスCEO 佐藤 

こんにちは!
オフィスCEO 佐藤です  

今回はチェアのリペアについてご紹介いたします!

以前チェアのシート汚れのクリーニングについてご紹介しましたが、 
今回はシートを取り替えるリペアです。


まずはこちらをご覧ください↓

画像 010

長年使用してシートカバーが擦り切れています。

そして、 チェア本体はそのままでシートを付け替えた物がこちらになります↓

無題

シートを交換するだけの簡単なリペアですが、
まるで新品同然の見栄えになりました!


オフィスCEOではお客様がご使用の製品に合わせたリペアを実現いたします。
もちろん、チェアや壁、カーペットのクリーニングなどのご相談もお任せください↓↓↓↓

名古屋、東海エリアでワンランク上のオフィスレイアウト、
移転サポート、施工なら、Office-CEOにお任せください。



最後までお付き合いくださりありがとうございました!



オフィスCEO 佐藤 

↑このページのトップヘ