こんにちは!

オフィスCEO 佐藤です  

今回は環境面から仕事の効率化を図る方法をご紹介いたします。


生産性の高いオフィスと一言にいっても環境面での対策は沢山あります。

 職種によったデスク配置やレイアウトの工夫 

 観葉植物などの目の保養や、リフレッシュスペースなど気分転換要素の追加

 自然光を上手く取り入れること

このように様々な方向から環境整備は可能です。


また、大きな効果は期待できないかもしれませんが、
上記以外にどんなオフィスでも今すぐ簡単に出来る対策が1つございます。

それは「換気」です。

通常、二酸化炭素濃度が2,500ppmに達すると意思決定能力などの
脳の動きが著しく低下すると言われています。 

換気設備のあるオフィスの二酸化炭素濃度は1,000ppm程度と言われていますが、
一度に大勢の人が集まる会議室や換気設備の無いオフィスでは
なんと3,000ppmを越えることもあるようです。

これに対して屋外の濃度は380ppm程度なので、
窓を開けて換気をすれば十分に濃度を下げることが可能です。

皆さんも集中力が切れた時や会議の前などにぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。



もちろん、換気だけでなくレイアウト面での環境改善や
リフレッシュスペースの作成などをお考えでしたらオフィスCEOにお任せください!
ご要望がございましたら無料で出張相談もいたしております! 

名古屋、東海エリアでワンランク上のオフィスレイアウト、
移転サポート、施工なら、Office-CEOにお任せください。



それでは、最後までお付き合いくださりありがとうございました!


オフィスCEO 佐藤